損をしない分散投資

損を割けて分散投資

1つの銘柄や投資につぎ込むのではなく、色々なところに資産を分けて投資することを分散投資といいます。
リスクヘッジ(リスクの回避)の代表的な方法で、どれかの投資で損が出ても、他の利益で損を相殺するなどのメリットがあります。
もちろんすべての投資で利益が出たほうが儲けは大きいわけですが理想ですが、そううまくはいきません。
それでも5つに分散したうちの4つで利益が出ていればまず全体で損するということはないので、そうした投資をするための予備知識を紹介していきます。
100%損をしないと言えませんが、そうなる確率はグッと下がるはずです。
分散するには多くの資産や手間が必要と考える人が多いと思いますが、すべてはやり方次第です。
当然覚えるべきこともあるので、努力は必要ですがそれほど多いものではないので、興味さえあれば苦もないでしょう。
知らないことを無理やり覚えるのは苦痛なので、興味が無い人にはしんどいかもしれません。
ただ、どんな人にもプラスになる情報であることは間違いありません。
初めて知った方も、まだ実践していない方も、初歩的なリスクヘッジなので是非読んで下さい。
初心者の方は特に有益な情報ばかりだと思います。
copyright(C)損をしない分散投資